「ほっ」と。キャンペーン

京都

 12年ぶりに京都の紅葉を見てきました。今年の紅葉は寒暖の差があまりなく色づきもいま一つの年ということでした。
 初日は2時近くに京都に到着、宿泊する東急ホテルに向い、近くの西本願寺にある新選組宿舎だった「太鼓楼」を見ながらチェックインした後、
小休憩してタクシーで鴨川を渡りながら、ねねと秀吉の寺として知られる「高台寺」に行きました。ここは昼間も良いですがライトアップが有名で最初にチケットを確保して遅めのお昼を近くのお店で済ませ、
ライトアップが始まる5時近くになって行くとチケットを買うために並ぶ人々が長い列を作っていました。
列に並ぶことなく入ると昼間から入っている人もいるのか大勢の人がいて、今年はプロジェクションマッピングも行われてさらに人出が出ていたようです。
池面に映る紅葉を楽しんだ後、次は「清水寺」に向いました。こちらは昼間入っても一度外に出され、夜の部は別にチケットが必要でした。
自分たちは三年(産寧)坂を通って向いましたが、清水寺に真正面から行く通りに合流する前から人の渋滞でチケットを買うまで30分以上は並んだと思います。まだ早かったのでそれで済みましたが…。
清水寺のライトアップは定番中の定番となっており、とにかく大勢の人が訪れていて、写真撮影で立ち止まらないでと言われても動く気配がないところがあったりと、諦めて足早に帰ってきました。
 2日目はホテルのシャトルバスで駅に行った後、終点の「銀閣寺」行きのバスに乗りました。
銀閣寺は紅葉情報では見頃過ぎで迷いましたが、せっかくなので入ってみるとなかなかいい感じでした。
この後「哲学の道」を南下しながら、途中の「法然院」に寄ると偶々彼岸会という催しがあり、
東日本大震災の法要があって、有料の会費制ですが、お茶とお菓子を頂いてきました。
「哲学の道」を歩き終えて次に向ったのは、古今集に「モミジの永観堂」と詠まれた「永観堂禅林寺」、数ある京都紅葉名所のなかでも、ひと際紅葉の美しさで知られています。
この時期は大勢の人々でごった返していて拝観料もこの時期だけ1000円となっていました。
続いては「南禅寺」、ここは三門や庭園が有名ですが、境内に立つエキゾチックなレンガ造りの疎水橋「水路閣」だけ見て終わりました。
最後に京都駅まで戻ってから駅前の「京都タワー」にも登り京都の街並みを見て、清水寺のライトアップが始まる頃まで待って、夕食を食べてからホテルに戻りました。
 最終日の3日目、この日もホテルのシャトルバスで駅に行った後荷物を預け、バスで「北野天満宮」に向いました。
ここは学問の神様・菅原道真公 をお祀りした、全国に一万社以上あるといわれる神社の宗祀(総本社)ですが、2015年のJR東海「そうだ京都、行こう。」キャンペーンに選ばれ注目されました。
豊臣秀吉が築いた遺構「御土居(おどい)」のもみじ苑が最初に公開されたのは2007年だそうで、埋もれていた紅葉の名所として注目を浴び始めたようです。
 次に向ったのは足利将軍の菩提寺で歴代将軍や徳川家康の木像のある「等持院」、ここの庭園の紅葉もなかなか見事でした。
 最後に向ったのは方丈南側の枯山水庭園(史跡・特別名勝)が石庭として名高い「龍安寺(りょうあんじ)」、ここの紅葉も素晴らしかったです。
ちょうどお昼時で境内にある西源院という処で湯豆腐と精進料理を頂きました。食事をしながら見る紅葉もまた格別でした。
帰りは近くの立命館大学入口まで歩きここからバスで京都駅に戻り、お土産を買って帰路につきました。

 本館:HARUのフォトギャラリーに撮った写真をアップしていますので是非お訪ね下さい。
[PR]
# by hharu131 | 2015-11-30 23:59 | 2015風景

軽井沢

 軽井沢ホテルブレストンコートで次男の結婚式がありました。遠いこともあって親族だけの結婚式でしたが思い出に残る結婚式になりました。
式をホテル敷地内にある「石の教会内村鑑三記念堂」で執り行った後、披露宴は車で15分ほど離れた旧軽井沢倶楽部で行いました。
終わりは遅くなったので、倶楽部内の宿泊施設に泊まり、翌日帰ってきました。
[PR]
# by hharu131 | 2015-07-25 23:59 | 2015風景

酒田・鶴岡・山形

 大人の休日倶楽部パスを使って山形の酒田・鶴岡を訪ねました。酒田は最上川の舟運で栄えた町、鶴岡は庄内藩酒井家の城下町として栄えました。
 初日は、新潟から羽越本線で車窓の両側に広大な庄内平野の田を見ながら酒田へ向いました。
最初に駅から無料のバスで「山居倉庫」に行きました。ここは明治26年、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造されました。一隅の庄内米歴史資料館では米の検査風景や農家の暮らしを再現しています。
米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。
この後本間家旧本邸や別館「お店(たな)」を見ましたが雨が強く降ってきて駅に戻り、この日は鶴岡に移動し宿泊しました。
 2日目は鶴岡市内を散策しました。最初に向ったのは藩主酒井氏の後裔が寄付した博物館「致道博物館」、敷地内には旧西田川郡役所などが移築されています。
その後も、大正天皇の即位を記念して建造された「大宝館」、庄内藩校の「致道館」、日本でただ一体の「黒い聖母」像の立つ「鶴岡カトリック教会天守堂」、旧風間家住宅「丙申堂」を見て回りました。
最後に、酒田に移動し前日見られなかった「本間美術館」と本間家の旧別荘で藩主接待用に建てられた「清遠閣」を見て鶴岡に戻りました。
 3日目は鶴岡から新庄経由でさくらんぼ狩りでもと思っていましたが、結局山形まで行きました。
帰りの新幹線までまだ時間があったので「霞城(かじょう)公園」を訪れました。ここは山形城の跡地で最上義光が三の丸を持つ壮大な城に増築、霞がかかると城が見えなくなり霞ヶ城とも呼ばれました。
[PR]
# by hharu131 | 2015-06-29 23:59 | 2015風景

長野善光寺

 仕事で出張の折、数え年で七年(満で六年)に一度、秘仏である御本尊の御身代わり「前立本尊」をお迎えして行うという「善光寺前立本尊御開帳」を見てきました。
今回の御開帳の期間は4月5日~5月31日でこの間に様々な行事が行われます。今年行事の途中でドローンが落下したことでも話題になりました。
この日は朝食の前6時前に行ったのですが境内に着く頃には大勢の人が来ていて、お朝事(あさじ)の前後法要の導師を勤める善光寺住職が本堂を往復する際、
参道にひざまずく信徒の頭を数珠で撫でて功徳をお授けになる「お数珠頂戴」の儀式を見ましたが、すごい行列を作っていました。
最後の写真は歴代の大回向柱が眠っている?場所で、手前から段々と古くなっていきます。年月が経つと柱が段々と土に還っていき背丈が低くなっているのが分かります。
今から18年前(平成9年)の御開帳の時はちょうど長野にいて、翌年には長野オリンピックもありました。
[PR]
# by hharu131 | 2015-05-26 23:59 | 2015風景

金沢・能登

 ゴールデンウィーク前半、3月に開業した北陸新幹線を利用して金沢・能登へ行ってきました。
初日は途中車窓から立山連峰を眺めながらお昼過ぎに金沢到着。ホテルに荷物を預け、周遊バスで香林坊へ行き、「長町武家屋敷跡」へ向い、ガイドさんの案内を聞きながら散策。
写真の庭は長町で唯一、一般公開されている武家屋敷野村家の庭です。
その後「妙立寺」で通称忍者寺と言われる所以となった色々な仕掛けのガイドを聞いたあと「にし茶屋街」へ行きました。
最後に訪れた「近江町市場」は5時過ぎで既に閉まっている店が多くお寿司を食べて駅に戻りました。駅前の鼓門が大きく聳えています。
 2日目はレンタカーを借りて能登にドライブしてきました。輪島周辺はその頃NHK朝の連続テレビ小説「まれ」の舞台になっていることもあり賑わっていました。
輪島に到着した頃は朝市が終わりかけていたため少なめでした。その後世界農業遺産ともなっている「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」に行きましたが素晴らしい景観でした。
続いて訪れたのが「曹洞宗大本山総持寺祖院」、ここは1321年開山で明治の大火後、本山機能は横浜に移りましたが祖院として再建された寺です。因みに我が家も曹洞宗になります。
その後「厳門(がんもん)」を遠くから眺め、最後に「千里浜なぎさドライブウェイ」を通って帰ってきました。
 最終日の3日目は、金沢市内を散策。この日は周遊バスを利用して最初は「ひがし茶屋街」を訪れました。3つある茶屋街のうち一番人が訪れるところですが、朝早くゆっくり見られました。
続いて近くにある「主計町茶屋街」、ここは縦になっている写真の通りが狭く、階段から降りてくる風情がなんとも言えません。
次に向ったのは「兼六園」、言わずと知れた水戸偕楽園・岡山後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつです。遅咲きの桜が見られましたが、外国人の観光客が魅入っていました。
徽軫(ことじ)灯籠は園内でも有数の撮影スポットで周りは観光客が多く、掲載のような写真を撮るのには時間がかかります。栄螺(さざえ)山から見る霞ヶ池もなかなかです。
その後は兼六園隣の「金沢城公園」、加賀百万石と言われる前田氏の居城ですが、城跡とはいえ再建された建物はどれも立派なものです。
公園に入るとき、石川門では結婚式のPR用?か写真撮影も行われていました。再建された櫓や長屋などの建物の外観も良いですが、内部や内部から見える外の景色何れも素晴らしいです。
続いて3月に再現されたばかりの玉泉院丸庭園を通って加賀藩主前田利家公と正室お松の方を祀る「尾山神社」を見て初日あまり見られなかった「近江町市場」を訪れました。
金沢駅構内のトイレ入り口に飾られている「加賀友禅」やホームの柱が金箔パネルで包み込まれている様子はこれぞ「金沢」という感じです。
帰りは右手に立山連峰を眺めながら「金沢・能登」の旅を終えました。 
[PR]
# by hharu131 | 2015-04-28 23:59 | 2015風景

山口・萩

 今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台でもある萩を訪れました。
初日は、新幹線で新山口駅に降りた後、家内の職場での同僚(職場結婚でもあり自分にとっても同僚でした)と30年以上ぶりに会って、山口市内を案内して貰いました。
先ずは国宝でもある「瑠璃光寺五重塔」、全国に現存する五重塔のうちで10番目に古く、美しさは日本三名塔の一つに数えられ、室町中期における最も秀でた建造物と評されているようです。
続いて「山口サビエル記念聖堂」、ここにはサビエルの一生を描いた美しいステンドグラスがあります。
最後に一の坂川沿いを散策、桜が咲き始めで満開となればさぞ見事だろうと思いました。近くの喫茶店でお茶をしました。この日はバスで萩に移動して終わりました。
 2日目は「萩循環まぁーるバス(2日間乗り放題で700円と利用価値あり)」で萩の町を散策しました。
最初に向ったのは今年世界遺産にも登録された「松下村塾」、一角には「吉田松陰幽閉ノ旧宅」や「松陰神社」があります。ここの桜はそこそこ咲いていました。
近くには初代内閣総理大臣の「伊藤博文旧宅」や「伊藤博文別邸」もあります。
続いて徒歩で吉田松陰の叔父で松下村塾の創始者である「玉木文之進の旧宅」や「吉田松陰誕生地」、「吉田松陰の墓」も訪れました。周りには松陰ゆかりの人々のお墓もあります。
近くには毛利家の菩提寺である「東光寺」があり、3代~11代までの奇数代藩主夫妻が葬られています。墓所にある約500基の石灯篭は壮観です。
 ここから再びバスで萩城城下町に移動、江戸屋横町にある「木戸孝允旧宅」や菊屋横町にある「高杉晋作誕生地」などを訪ねました。外国人の観光客も大勢来ていました。
 最後にバスで向ったのは「萩城跡(指月公園)」、家内が足の調子が悪く入り口で帰ってきました。
  最終日は「萩循環まぁーるバス」で最初に「花燃ゆ大河ドラマ館」に行き、オープンしたばかりでゆっくり見ました。
ここに荷物を置いた後、「旧萩藩校明倫館」を見て、バスで「萩博物館」へ移動。その後堀内の「鍵曲(かいまがり)」と呼ぶ道を鍵の手に曲げた城下町特有の街路を見てきました。
途中には最初に明倫館が開かれた跡の碑もありました。そのまま歩いて前日歩いた萩城城下町まで行き、最後はドラマ館まで戻ってバスで新山口駅まで移動して山口・萩の旅を終えました。
[PR]
# by hharu131 | 2015-03-30 23:59 | 2015風景

伊豆修善寺・沼津

 我が家で恒例となっている2人の誕生日前後での旅行は今年は修善寺にしました。
伊豆の小京都と言われる修善寺温泉ですが、温泉街・修善寺・竹林の小径・指月殿で「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星の評価を獲得していたのははじめて知りました。
とっこの湯から修善寺・日枝神社・竹林の小径などゆっくりと散策しました。
 次の日は「修善寺虹の郷」に一番乗り、最初は人がいませんでしたが、帰る頃にはかなりの家族連れが訪れていました。
ここには修善寺ゆかりの文豪、夏目漱石の記念館や万華鏡のミュージアムなどがあり園内も広く歩くとけっこう時間がかかります。
歩くのが大変な人は鉄道やバスもあります(有料)。梅の時期には早かったですが、ロウバイが咲いていました。天気が良く遠くに見える富士山が綺麗でした。
帰りは、沼津港に寄ってランチを食べましたが海鮮丼が美味しかったです。ここの駐車場の屋上から見える富士山も綺麗でした。
[PR]
# by hharu131 | 2015-02-01 23:59 | 2015風景

松陰神社

 遅ればせの初詣で世田谷にある「松陰神社」に行ってきました。ここを選んだのは今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」であの吉田松陰の妹が主人公だからですが、
松陰が安政の大獄で刑死した4年後の1863年に高杉晋作など松陰の門人によってここに松陰の墓が改葬され、1882年に神社が創建されたそうです。
 松陰神社は東急世田谷線松陰神社前駅の近くにあるんですが、京王線から乗換えカラフルな車両に乗って行くと、境内には「花燃ゆ」宣伝のポスターもあり、
萩の「松下村塾」を模した建物、伊藤博文らにより寄進された灯篭も見てきました。
 帰りは三軒茶屋のキャロットタワーでランチ、ここからの眺めは良く、スカイツリー・東京タワーもバッチリ見えました。
[PR]
# by hharu131 | 2015-01-05 23:59 | 2015風景

秩父中津峡紅葉ドライブ

 今年の紅葉は3連休の最後に天気も良く、紅葉も見頃の秩父中津峡に行ってきました。

本館:HARUのフォトギャラリーに撮った写真をアップしていますので是非お訪ね下さい。
[PR]
# by hharu131 | 2014-11-03 23:59 | 2014風景
 6月に続き、大人の休日倶楽部パスを利用して夫婦で南三陸方面に旅行してきました。
初日ははやぶさで一路盛岡まで行き、盛岡から花巻経由で釜石に向いました。
途中の遠野では『SL銀河』が停車していて、その先ではSLを撮ろうと大勢の人がカメラを構えている姿に遭いました。
 釜石で降りて昼食を食べたりしばらく散策した後、三陸鉄道の『南リアス線』に乗りました。
6月の『北リアス線』に続いて、これで全線を乗ったことになります。釜石駅を出る時に後で到着した『SL銀河』がまた見られました。
途中海が見られるのは『北リアス線』と比べると少なめですが、震災の時の津波の爪あとは残っていました。
この日は『綾里(りょうり)駅』で下車、宿の送迎を頼んで『やすらぎの里 廣洋館』に宿泊。
こちらも震災の被害で新築修繕後昨年7月に再オープン、食事は三陸で採れる地場の食材にこだわって提供していて満足感たっぷりの食事を頂きました。

 2日目、朝ゆっくりと起床したため朝日は拝めませんでした。宿の下の海岸は工事が行われていました。
この日も美味しい食事を頂いた後駅に送って貰いました。
『綾里駅』は東北の駅100選にも選ばれ、綾姫がこの地に機織を伝えたという伝説から「綾姫の里」と言われています。
三陸鉄道に乗って『盛駅』に行き、ここからJR大船渡線BRT(バス高速輸送システム)に乗換え、途中『奇跡の一本松』で有名な陸前高田を通り気仙沼に向いました。
気仙沼ではまずタクシーで気仙沼港にある『K-port』に行きました。このカフェは俳優の渡辺謙さんが震災後被災地支援のため立ち上げたプロジェクトで開いた場所です。
大勢の人が訪れていてここの夏野菜海老だしカレーやただいまパンケーキを美味しく頂いて来ました。
その後、港を歩いて『海の市シャークミュージアム』などに寄ってから駅に戻り、今度は気仙沼線BRTで南三陸町に向いました。
この日も最寄のバス亭まで迎えに来てもらって『南三陸ホテル観洋』に宿泊しました。
部屋に入ると広い窓一面に見える太平洋が見事で、カモメの出迎え?もありました。この日も豪華な食事を堪能しました。

  いよいよ最終日の3日目、この日は5時29分の日の出ということで早起き、遠く水平線から登ってくる日の出が見事でした。
バイキングの朝食を終えた後お目当ての『語り部バス』に乗車しました。
このバスは震災を風化させないという思いから、宿泊者限定でホテルのスタッフが町をバスで案内するもので、利用客が5万人を超えたのを記念したプランを利用しました。
自分達が乗車したバスのガイドは語り口も元テレビアナウンサーという経歴そのままの斉藤課長さんで、東京の電車内のリクナビの広告で記憶があり、あの人だと感激してしまいました。
最初に向ったのは現在は更地となっている『戸倉小学校跡』、地元の教師の意見で神社のある高台を避難場所として全員が無事だったという話だった。
近くの高台にある戸倉中学校の校庭には仮設住宅が建てられ多くの人達が生活していた。
ホテルのグループの結婚式場である『志津川高野会館』は津波が最上階の4階まで押し寄せたが、集会を開いていた地元のお年寄りら約330人は屋上などに避難し、全員救助された。
高野会館は水産加工、観光業を展開する阿部長商店が所有し、入院患者ら70人以上が死亡、行方不明となった公立志津川病院=解体済み=のそばにあるが、
過酷な被害を伝える「震災遺構」として施設を残すことを決め、保存の支援をお願いしたいとの説明もあった。
最後に向ったのは『防災対策庁舎』、ここは震災発生の際、町職員の遠藤未希さんが住民に避難を呼びかけ、多くの命を救ったが自らは亡くなった場所である。
防災対策庁舎で亡くなられた計41人の犠牲者の方々のご冥福を、心からお祈りするばかりだった。
ホテルにはちょうど震災時の避難の様子から復興に向けた取組みを紹介した展示もあり、また復興支援で訪れたいと思いながら帰路についた旅行だった。

本館:HARUのフォトギャラリーに撮った写真をアップしていますので是非お訪ね下さい。

 
[PR]
# by hharu131 | 2014-09-29 23:59 | 2014風景