<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東国花の寺百ヶ寺巡り2

 2日続いての百ヶ寺巡りは、『東京12番 大悲山 塩船観音寺』(東京都青梅市塩船)、朝早めに家を出て開門の8時過ぎに到着しましたが、既に大勢の観光客が訪れていました。
毎年GWの時期に見頃を迎えますが、特に前日はテレビ放映でも最後に紹介されたことの効果?もあったようで、1万人もの人が訪れたとか、前日でなくて良かったと思いました。
最近行ったのは2007年ということで6年ぶりになりますが、ここのすり鉢上の斜面に咲く色とりどりのツツジの見事さは相変わらずです。
写真最初のほうの茅葺の建物は本堂で、室町時代後期頃の建立、国の重要文化財になっています。
すり鉢の上の方には3年前に建立された『塩船平和観音像』があり、ここから眺めるツツジも良いですが、この日は天気も良く右手を望むと富士山もクッキリと見られました。パノラマ写真も楽しんで下さい。

本館:HARUのフォトギャラリーに撮った写真をアップしていますので是非お訪ね下さい。

c0007169_14591590.jpg

c0007169_14592662.jpg

c0007169_14593834.jpg

c0007169_14594936.jpg

c0007169_150145.jpg

[PR]
by hharu131 | 2013-05-06 15:00 | 2013風景

東国花の寺百ヶ寺巡り1

 前日テレビ東京の土曜スペシャル『関東ぐるっと一周!東国 花の寺めぐりの旅』という番組を観たところ、
『東国花の寺百ヶ寺』というのが関東1都6県の「花の寺」と称される寺院が集まり、平成13年3月に発会したのを知りました。
ここは是非季節季節に咲く花を愛でながら、寺巡りをするのもいいかと早速始めました。
 最初に訪れたのは、番組でもスタートのお寺として紹介されていた『東京1番 五智山総持寺 西新井大師』(東京都足立区西新井)。天長時代(824~834)にこの地を巡錫していた弘法大師が開いたとされ、厄除け、火伏せの大師として有名です。
この時期「桜・牡丹・藤・芍薬・菖蒲・紫陽花」と「花まつり」が開催中のようでしたが、この日見られたのは牡丹園に咲く芍薬でした。
帰りに参道の山門手前右手にある「中田屋」さんで、名物の草だんごをいただきました。
 
 続いて向ったのが『東京3番 神齢山 護國寺』(東京都文京区大塚)で、ここは真言宗豊山派の大本山で、徳川5代将軍綱吉の生母桂昌院の発願により天和元年(1681)に創建した寺です。
桜の時期がいいようですが、この日は石段の両側に咲くツツジが綺麗でした。

本館:HARUのフォトギャラリーに撮った写真をアップしていますので是非お訪ね下さい。
c0007169_14543465.jpg

c0007169_14554163.jpg
c0007169_14554094.jpg

c0007169_1456929.jpg

c0007169_1456937.jpg

[PR]
by hharu131 | 2013-05-05 23:59 | 2013風景
 GW後半1日休みをもらって以前から訪れたかった『富士芝桜まつり』に行ってきました。
前日富士山が世界遺産に登録予定とのニュースがあったり、今朝のテレ朝の天気予報の中継地がここだったりして、
連休の谷間で空いていてほしいという願いもむなしく途中から車の渋滞でしたが、何年か前渋滞で諦めたことがあって、今回は諦めずに行ってきました。
会場に行くと見頃を迎えたシバザクラは見事でしたが、向う途中に見た富士山は山頂まで見えていましたが、着いた時には雲がかかっていて、その点は少し残念でした。
ご覧の通り何種類ものシバザクラが見られた他、遅咲きの桜(富士桜?)やミツバツツジも見られました。
 続いて向ったのは帰り道を西湖の方に向った『西湖野鳥の森公園』でした。以前訪れたことがあり、沢山の野鳥が見られるので、また訪れました。
写真が撮れたのは「シジュウカラ」と「カワラヒワ」だけですが、他にも何種類かいました。ここにはヤマガラ、ホオジロ、メジロはじめ約60種類もの野鳥が生息しているとのことです。
ここでも遅咲きの桜などの花が見られました。

本館:HARUのフォトギャラリーに撮った写真をアップしていますので是非お訪ね下さい。

c0007169_23184687.jpg

c0007169_23191879.jpg

c0007169_23192560.jpg

c0007169_2319429.jpg

c0007169_23194996.jpg

[PR]
by hharu131 | 2013-05-02 23:19 | 2013風景